I do adore my Rolex GMT Master II fake watches and I’m often a sucker for any replica watch new Rolex GMT Master II duplicate view photo overview. I managed to own fairly a very good Rolex Replica reproduction Rolex GMT evaluation library on my site so be happy to click on the backlink at any time. I likely just like the Rolex rolex replica watches duplicate GMT Learn II over the Rolex Submariner replica view simply because of that more GMT hand and since it tends to make it glimpse a lot cooler compared to common Submariner that everyone goes for. They can be as simple to pass for originals since the very good replica rolex high quality phony Rolex Submariners nevertheless they do Replica Rolex really have to enjoy the portion well simply because we’re conversing right here about two on the most popular watches ever. Cleanse and obvious and looking good much like the first. I always similar to the two-tones better and this yellow gold and stainless-steel two-tone does the trick. Replica Watches Trusted Seller Bezel seems legit and the markings on it look fantastic much too. Markers and arms along with the whole dial is very well cloned. Day magnifier at three o’clock appears legit along with the date clicks nicely when established. Bezel includes a good tick when it rotates plus the bracelet matches the original in total. It is an additional Japanese automatic self-winding movement perfect for an each day wear. Even for occasional dress in you’ll not have to fear about it keeping time due to the fact these infants go for a few superior years and therefore are always dependable. GMT functionality performs like around the original so this wind up currently being a legit clone for your seriously excellent cost. Most likely this can finish up in a single of my cousin’s selection as I understand he’s a major enthusiast from the Rolex GMT Grasp II replica watches. I’ll have him operate for it slightly bit because an excellent searching replica Rolex similar to replica rolex this one isn't going to go away my assortment simply. Know the many small specifics and give-away particulars around the classic types such as this 1 mainly because these are definitely one of the most hunted and many worn originals and replicas alike. Wearing a superb reproduction Rolex GMT will pull attention and suspicion so make sure you know how superior high-quality seems like and have a legit watch.

「東京タヌキ探検隊!」宮本さん、Koozyt一日CAOに就任。コウモリ探検ツアーも大成功!

4月16日、「東京タヌキ探検隊!東京コウモリ探検隊!」の宮本拓海さんを一日CAO(Chief Animal Officer)としてKoozytにお招きし、記念イベントを開催しました。

※ Koozytでは、ニコニコ学会βシンポジウム「研究してみたマッドネス」にて、Koozyt的に気に入った作品/作者に対して、「クウジット賞」を(自主的かつ非公式ながら)選出し、贈っています。 昨年12月に開催された第5回ニコニコ学会βでは、宮本さんの発表と活動に対して共感し、Koozyt賞を贈りました。(宮本さんの研究対象が動物だったので、一日CAO(Chief Animal Officer)体験の特典にしました)

一日CAO就任の辞令交付

■ 一日CAO体験イベント スケジュール:
15:30-16:00  一日CAO辞令交付
16:00-17:30  記念講演「東京タヌキ探検隊!東京コウモリ探検隊!」
18:00- 18:30 Koozytコウモリ探検隊ツアー
19:00- 懇親会

一日CAOの辞令交付式を経て、宮本さんの「東京タヌキ探検隊!」「東京コウモリ探検隊!」の活動について記念講演がはじまりました。今回、一日CAO記念講演の聴講に集ってくれたのは、社内外の関係者あわせて10数名。いずれも馴染みのあるITとは全くの異領域の都市に潜む動物の生態についての活動報告に、最初は、戸惑いつつも、話が深まるにつれ、だんだん宮本さんの話しに引き込まれていきました。

タヌキの生態について語る一日CAO宮本さん

今回、麻布十番で観察ツアーにチャレンジするアブラコウモリ。
その模型をヒラヒラと飛ばせてみせるCAO

「皆さん、世界で一番大きいコウモリは、どのくらいの大きさか知ってますか?」

今回のために特別に制作してきくれたというオオコウモリの模型を見せるCAO

「このくらいかな?」 Koozyt CTOもノリノリ!

CAOからのメッセージ「みんなでサイエンス!」で講演終了!

講演終わって、CAO宮本さんを囲んで、タヌキ/コウモリ談議中

Koozytからも、一日CAOを記念してARコンテンツを作成
宮本さんにプレゼントしました。(最後にARマーカー添付します)

さて、いよいよ次は、Koozytコウモリ観察ツアーがはじまります。CAO宮本さんは、なんと事前に下見に来てくれていて、麻布十番近くの高速下を流れる古川にコウモリが生息していることを確認していてくれたのです。(感謝!)アブラコウモリの活動は、日没時刻の気温が15°以上とのこと。まさに本日は晴天温暖、コウモリ観察日和なり。

「でもどうやって見つけるんですか?」「これがコウモリ探知機。BatDetector!です。超音波センサーで、近くにコウモリがいると可聴域に変換して音にしてくれるヒミツ兵器らしい。さすが、CAO、やるぅ!

4/16 日没時刻は、18:15。18:00にKoozytオフィス前に集合。

Koozytコウモリ探検隊!を結成して、いざコウモリ観察ツアーへ出発!

NISSINの裏から古川沿いに出て、一の橋~二の橋へ歩こう!
(※ NISSINは、麻布十番で有名な外国人向けスーパーマーケットです。ワインもいっぱいあるよ)

「いますかー?」(CTO)
「いないなぁ…先週下見に来た時は、いたんだけどなぁ…」(CAO)

一の橋や、その前後の橋では、探知機は、反応なし。

しかたない、二の橋まで行ってみましょう。

てく

てく

てく

二の橋付近についたところで、探知機作動!

ピーガーピピッガガガッ

コウモリ発見しました!2匹で仲良く飛んでます!(CAO & CTO)

その時、撮影されたコウモリが…

これだ!

(暗くて動きが速いので)シャッタースピード調整して撮影されたアブラコウモリ(by hirano)

Koozytコウモリ探検隊一同が川面を飛ぶコウモリをひとしきり眺めていたら、

家路を急ぐ主婦やサラリーマンの皆さん

そして、近所の子供たちが集まってきた。

子供たちは、大はしゃぎ。「誰が見つけたの?」「あの帽子かぶってる東京コウモリ探検隊!のおじさんだよ。」「すげぇ~!おじさん、何でここにコウモリいるってわかったの?」CAO宮本さんは、子供たちの大ヒーローになりました!通りすがりの年配のサラリーマンの方々も口ぐちに「昔、網でコウモリつかえたこともあるんだよ!」「最近みなくなったねぇ。ありがとう。」などなど。Koozytコウモリ探検隊!メンバーも大満足。

都会に生息するタヌキやコウモリ、それもまた日常なんだよ。と教えてくれた一日CAO.

Koozytメンバーのみならず、たまたま居合わせた通りすがりの方々とも、その体験を共有できました。そして、忙しい都会の人々も、しばし時間を忘れ、こうやって集まってきてくるんだなぁ。と実感。(Koozyt的にも今後のお仕事のヒントにもなりました)

さて、予期せず最後に大盛り上がりを見せた一日CAOイベントもこれで終了です。

一日CAO修了式(コウモリを発見した二の橋付近にて)

無事、一日CAO役を終えた宮本さんと記念撮影

一日CAO体験イベントの記念ARマーカー

ぜひ皆さんも、「GnG」アプリをダウンロードして、上記ARマーカーにカメラをかざしてみてください!出現する動物たちの種類が分かるかな?動物をタップしてみてください。また、宮本さんは、最近電子書籍も出版されたようですよ。

あらためて、今回一日CAOとして来社、準備いただいた宮本さん、また、記念講演や探検会ツアーに参加いただき、イベントを盛り上げてくれた社内外の皆さんに感謝いたします。そして、「ニコニコ学会β」がつなぐご縁で、さまざまな領域の方がたとのおつきあいが生まれており、クウジットは、今後とも「ニコニコ学会β」を応援していきます。(第6回ニコニコ学会βシンポジウムは、4/26-27 ニコニコ超会議3内での開催です)

おつかれさまでした(by koo)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

calvin klein españa calvin klein baratos comprar calzoncillos calvin klein calvin klein españa ralph lauren baby australia michael kors uk outlet outlet hogan ralph lauren baby australia cheap polo ralph lauren ralph lauren australia outlet ralph lauren baby australia clothing ralph lauren australia careers cheap tiffany jewellery cheap tiffany sale