I do adore my Rolex GMT Master II fake watches and I’m often a sucker for any replica watch new Rolex GMT Master II duplicate view photo overview. I managed to own fairly a very good Rolex Replica reproduction Rolex GMT evaluation library on my site so be happy to click on the backlink at any time. I likely just like the Rolex rolex replica watches duplicate GMT Learn II over the Rolex Submariner replica view simply because of that more GMT hand and since it tends to make it glimpse a lot cooler compared to common Submariner that everyone goes for. They can be as simple to pass for originals since the very good replica rolex high quality phony Rolex Submariners nevertheless they do Replica Rolex really have to enjoy the portion well simply because we’re conversing right here about two on the most popular watches ever. Cleanse and obvious and looking good much like the first. I always similar to the two-tones better and this yellow gold and stainless-steel two-tone does the trick. Replica Watches Trusted Seller Bezel seems legit and the markings on it look fantastic much too. Markers and arms along with the whole dial is very well cloned. Day magnifier at three o’clock appears legit along with the date clicks nicely when established. Bezel includes a good tick when it rotates plus the bracelet matches the original in total. It is an additional Japanese automatic self-winding movement perfect for an each day wear. Even for occasional dress in you’ll not have to fear about it keeping time due to the fact these infants go for a few superior years and therefore are always dependable. GMT functionality performs like around the original so this wind up currently being a legit clone for your seriously excellent cost. Most likely this can finish up in a single of my cousin’s selection as I understand he’s a major enthusiast from the Rolex GMT Grasp II replica watches. I’ll have him operate for it slightly bit because an excellent searching replica Rolex similar to replica rolex this one isn't going to go away my assortment simply. Know the many small specifics and give-away particulars around the classic types such as this 1 mainly because these are definitely one of the most hunted and many worn originals and replicas alike. Wearing a superb reproduction Rolex GMT will pull attention and suspicion so make sure you know how superior high-quality seems like and have a legit watch.

東京国立博物館『トーハク x アイデアソン』開催しました!(3.11 & 12)

みなさま、こんにちは!
今日は先週末開催されたアイデアソンの様子をご報告します。


アイデアソンイベント実施の背景

3/11(土)、12(日)の二日間、上野の東京国立博物館で初の『トーハク x アイデアソン』が開催されました。主催は、東京国立博物館、ISID、クウジットの3社。3社により2013年より発足推進してきた『トーハクなび共同研究プロジェクト*』活動の一環で実現しました。

共同研究プロジェクトでは、これまで総合文化展公式ガイド「トーハクなび」アプリや、タブレット貸出によるスクールプログラム「学校版 トーハクなび」などの企画開発運用などを手掛けてきました。今回、共同研究プロジェクトの目的である「ICTを活用することで、東京国立博物館総合文化展における来館者の鑑賞体験をより豊かにすること」の核はそのままに、2020年にむけ増加する訪日外国人観光客への取り組みをアイデアソンという形態にて、よりオープンにアイデアを創出して、次の展開を模索していこうと企画されました。

TOHAKU

上野 東京国立博物館


アイデアソン1日目

1. 3月11日(土)~オリエンテーション

参加者は一般公募にて募ったICTクリエイター(エンジニア、デザイナー、プランナー)と日本在住の外国人。事務局もおどろくほど多数の応募があり、選考会をへて選ばれた29名の方にご参加いただきました。会場では5~6名からなる5つのチームを編成。チーム名はそれぞれ「等伯」「永徳」「光琳」「乾山」「大雅」と命名されました。

アイデアソン会場。スタートを待つ参加者のみなさん。

初日は朝10時にスタート。チーム作業に入るまえには、東京国立博物館 副館長の松本伸之さん、ISIDイノラボ チーフプロデューサーの森田浩史さんの挨拶につづき、東京国立博物館 教育課課長 小林牧さんより「トーハクの歴史やミッション」「アイデアソン開催趣旨・テーマ」「トーハクの現状」についてオリエンテーションが行われました。司会進行はクウジット代表の末吉隆彦です。

松本さん(左上)、小林さん(右上)、森田さん(左下)、末吉(右下)

今回のテーマは「訪日外国人の記憶に残る日本文化体験」を考えること。副題は「ICTは博物館で何ができるか?」です。ファシリテーターは、佐藤尚之(さとなお)さん。

さとなおさん「2日間、みなのアイデア創出のアドバイザーと思ってください」

2. 3月11日(土)~館内ツアーへ

その後、参加者の皆さんもチームにわかれて、チームごとに「トーハクスタッフによる館内ツアー」へと出かけていきました。まずは、平成館の大講堂へ!二日目に各チームがプレゼンテーションを行う会場です。同時通訳設備や映写室も備えられている立派な講堂でした。審査員向けのみならず、この大講堂で一般来場客の前でプレゼンテーションを行う予定になっています。どきどき。

二日目にプレゼンテーションをする会場「平成館大講堂」を確認。

そして、約80分の本館ツアー。作品の背景などを教えてもらいながら「アイデアの芽」を探していきます。

本館の館内ツアースタート!

本館の展示室をみてまわります。

展示作品とトーハクスタッフの皆さんの深い知識に感激しながら本館を廻り、また「ゆっくり来たい」と思いました。もしかしたら一生に一度しか来られないかもしれない「海外からのお客さま」にどうしたら満足していただけるのかを想像しながら歩きました。

アイデアのターゲットは「訪日外国人」。場所は日本美術のある「本館」、そして「ICTを使ったアイデア」であること。ちなみに、小林さんのお話しによると日本美術を楽しむために知っておくとよいツボは「1.季節を愉しむ心」「2.暮らしの中で使われたもの」「3.細部の美しさや精密な作り」「4.仏教の美術」ということでした。

3. 3月11日(土)~アイデアソンスタート!

さとなおさんからアドバイス!

本館ツアーから戻ったあとは、さとなおさんから「テーマの捉え方」や「アイデア出しのコツ」を伝授していただきました。さとなおさん曰く「Needs, Seeds、が大切。オススメはまずはNeedsをたくさん探ること。出てきたアイデアに固執してしまったりアイデアが先行してしまうと他のアイデアが出にくくなることがある。自分の(海外での)体験などを集中して思い出したり、来館者のインタビュービデオなども参考にしながら訪日外国人の方の気持ちを一生懸命想像してみるところから始めてみましょう」(※若干意訳あり)ということでした。

ランチタイムのあとは、いよいよアイデアソンのスタートです!

アイデアトークスタート!

議論スタイルはチームそれぞれ。

各テーブルには外国語によるパンフレットやトーハクの所蔵品を紹介する図録などが置かれた。

会場後ろには、作品のレプリカも用意され、手に取っての鑑賞疑似体験もできた。

この日は東日本大震災発生から6年目の日でもありました。休憩をはさみ、皆であらためて集合。14:46 に一同で黙祷を捧げました。さとなおさんからは自らの震災支援・復興に関する活動とアイデア創出と実践についてもお話しいただきました。

そして、一日目も終盤へ。

審査員の1人、美術ライターの橋本麻里さんも初日見学に駆けつけてくれました。

さとなおさんが各チームのアドバイスに周っていきます。グループでの議論がはじまってから約4時間。走りつづけて溢れ出るアイデアは泉のごとし。白板はアイデアでいっぱいになりました。種をみつけて、道を決め、案としてまとめていく皆さんの熱量はみっちりと濃く、一瞬の時も惜しむように議論が重ねられていました。


番外編。そんな熱い空気のなか、ひとりコツコツとアイデアをカタチにしていく小さな参加者もいました。

100色セットの色鉛筆!で塗り絵にお絵描き。独創的なブロック遊びもしながら次々訪れる大人たちのお相手もしてくれました。

翌日のプレゼン発表順は、くじ引きにより、乾山⇒等伯⇒永徳⇒光琳⇒大雅の順に決定しました!

こうして18時には一日目が終了。翌日は企画のまとめと発表準備からスタートです!

東京国立博物館 本館の夜景色。


アイデアソン2日目

4. 3月12日(日)~発表準備

二日目。9時半に集合して最終プレゼン準備のスタートです!各チームそれぞれのまとめ方で資料作りに入りました。

等伯チーム

永徳チーム

光琳チーム

乾山チーム

大雅チーム

そして午前中にしっかり資料をまとめあげ、ランチをすませていよいよプレゼンテーション会場へむかいます!!

5. 3月12日(日)~プレゼンテーション@平成館 大講堂

平成館の大講堂。12時開場。勢いよく会場めざしていらっしゃる聴講者の方、今日は何かあるんですかと興味を持ってくださる方、発表者のご家族らしき方などなど続々と集まっていきました。

会場となった平成館の大講堂。

いよいよプレゼンテーションのスタートです!

6. 3月12日(日)~プレゼンテーション スタート!

1チームの持ち時間は15分です。緊張している間はありませんが、どうやら皆さん緊張とは無縁のご様子。なんとも堂々としたプレゼンっぷりです。

乾山チームのプレゼン様子

等伯チームのプレゼン様子

永徳チームのプレゼンの様子

光琳チームのプレゼンの様子

大雅チームのプレゼンの様子

「ICTでできること」が一つのテーマでしたので、各チーム技術要素をもりこんだアイデアが発表されました。MR(Mixed Reality)、ビーコン、AR(Augmented Reality)、3Dスキャン、プロジェクションマッピング、ビックデータの活用など、という具合。そして、なんと「博物館来場者の鑑賞場面はこんなふうに変わります」という寸劇交えてのプレゼンテーションも続々と登場!皆さん、緊張どころかステージを存分に楽しんでいるようでした。

7. 3月12日(日)~審査員

さて。この日は審査してくださる方々も魅力の一つでした。外国人目線で審査をしてくださるのはサッシャさん(ラジオDJでフリーアナウンサー)。課題となっている「本館」が日本美術展示であることから日本美術視点で見てくださる橋本麻里さん(ライター、エディター、永青文庫副館長)。技術視点での講評は暦本純一さん(東京大学情報学環教授、ソニーCSL副所長)、そして、東博の松本伸之副館長です。ファシリテーターの佐藤尚之(さとなお)さんはひきつづき進行を務めてくださいました。

審査員のみなさん。サッシャさん(左上)、橋本さん(右上)、暦本さん(左下)、松本さん(右下)

8. 3月12日(日)~結果発表!

5チームのプレゼンテーションがおわり、30分の休憩時間。その間に舞台裏で審査が行われました。そして、発表。

等伯チーム 優勝おめでとうございます!

特別賞は光琳チーム!

各チームのアイデアの詳細は、後日、主催する3社からの報告書を公開予定ですので、楽しみにお待ちください。 優勝された等伯チームにはトーハクの「年間パスポート」、特別賞の光琳チームには総合企画展の年間パス「ベーシック」が授与されました。

その後も、ファシリテータのさとなおさん、審査員のみなさんによる、トーハクの未来について、熱いトークショーが繰り広げられました。

それぞれの審査員の方々の視座によるコメントとかけあいに、トークショーももりあがった。

二日間、朝早くから日没まで長いようであっという間の濃いひと時。

おつかれさまでした!

「トーハクなび共同研究プロジェクト」としても、今回のアイデアソンの経験をどのように生かしていけるのか、また多くのみなさんと一緒に、トーハクの未来について考える機会をぜひ持てればと思います。ご参加いただいた方々、そして聴講された来場者の方々、関係者のみなさん、刺激的な二日間をありがとうございました!心より感謝いたします。

【reported by atsuko】

#『トーハクなび共同研究プロジェクト』とは
位置情報などIT技術の活用により、東京国立博物館総合文化展における来館者の鑑賞体験をより豊かにすることを目的に東京国立博物館、株式会社電通国際情報サービス(ISID)、クウジット株式会社の3社で発足したプロジェクトです。「トーハクなび」は最初のステップで生まれた東京国立博物館 総合文化展の見学コースを紹介するガイドアプリケーション。現在も活躍中のアプリで、お手元のスマートフォンやタブレットで利用が可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
calvin klein españa calvin klein baratos comprar calzoncillos calvin klein calvin klein españa ralph lauren baby australia michael kors uk outlet outlet hogan ralph lauren baby australia cheap polo ralph lauren ralph lauren australia outlet ralph lauren baby australia clothing ralph lauren australia careers cheap tiffany jewellery cheap tiffany sale