丸の内シャトルバスのリアルタイム位置表示、位置連動型サービス(丸ビル・新丸ビル・丸の内オアゾのエリア内)を開始しました!

 
4/20 に開始されたWi2 300サービスにおいて、クウジットとWi2は、位置連動型プラットフォームを開発しました。クウジットは、Wi2 300サービスを便利にする付加価値サービスとして、「PlaceEngine」や位置情報を活用したアプリケーションの技術提供を行っています。 (http://amp.koozyt.com/wi2/marunouchi/)
(株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス(以下Wi2)と共同開発)
 (プレスリリースは、こちら

「丸の内を知る」画面
(PCで接続した場合)

「丸の内を知る」画面
(iPhone/iPod Touchで接続した場合)

加えて、丸の内シャトルバスがリアルタイムにどこを走っているかがすぐにわかる、「Wi2バス案内」サービス(http://marunouchi.wi2.ne.jp/shuttle/)を実現しています。このサービスでは、GPSに加えクウジットの提供する「PlaceEngine」を用いて、バスの現在位置をリモートで把握しています。高層ビルが集積した都市部では、GPS衛星が正しく捕捉できないエリアも多く、「PlaceEngine」技術がGPSを補う形でハイブリッド測位が行われています。

クウジットは、場所や空間、地域情報に密着したユニークなサービス事例を1つ1つ積み上げていくことで、多様なロケーションウェアを提供していきます。そして、位置情報をより身近なものとし、人々の日常生活をそっと後押しするような新しい体験価値を提案していきます。

乞うご期待の上、上記サービスもぜひお試しください!(by yamakira)