相田みつを美術館xKoozyt「うばい合えば足らぬ わけ合えばあまる」アプリ開発中です。チャリティ寄付ご応募のお願い

東北地方太平洋沖地震で被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。
これほど大規模で広範囲な災害を目の当たりにし、またその後の報道やニュースを見聞きするたび、言葉を失い、ただただ祈るばかりです。 余震の続く中、救援活動、災害復旧活動に当っている皆様には、勇敢な志と行動に敬意を表します。

我々ならではで、何か力になれることはないだろうか?

クウジットは、相田みつを美術館で館内ガイドを開発提供している会社です。そんなこともあり、社員の山口君や三屋君からメッセージ的にも相田みつをのアプリを提供したらどうだろうとのアイデアが出ました。アプリ収益を義援金にあてようとか、広く提供した方がよいよ。無料アプリでは?などと、ちょうど自宅待機だったということもあり、社員や関連メンバー一同、メールやtwitter, skype等で連絡とりあい、アイデアを出し合っていました。

その後、相田みつを美術館の方々と話したおり、ちょうど、ガソリンやスーパーでの物資の買い占めが取り立たされている社会背景から、相田みつをの「うばい合えば足らぬ わけ合えばあまる」の詩を中心のメッセージに据えて何かできないだろうか?後はクウジットに任せるよ!と快諾、賛同いただきました。

現在、この「うばい合えば..」の詩をベースとした無料iPhoneアプリを「みつをの言葉」(仮)として鋭意開発&公開予定です。開発リソースやもろもろ制約もあり、 iPhoneアプリのみですが、ぜひ、この取り組みに賛同いただける方々は、このチャリティに応募いただけると幸いです。

鋭意開発中のため公開は、App Store審査もあるので、もうちょっと先ですね。でも、気持だけは先行してますので、このチャリティを下記にオープンします。

URL: http://justgiving.jp/c/4799

JustGiving Japan
目標額: 500万
支援先: CIVIC FORCE

開発は、一連のKoozytアプリを開発してくれている魂のエンジニアgoto-taですので、クウジットを信じていただき、このチャリティにぜひご応募くださいませ。

今この時を、「うばい合えば足らぬ、わけ合えばあまる」の気持ちで、少しでも力になれたらと、願って止みません。

クウジット株式会社
代表取締役社長 末吉隆彦
2011.03.17

協力:
相田みつを美術館
BIOTOPS