ICタグとかKinectとかIT詳しいお父さんがた、ピューロランドで家族サービスを!

みなさん、今年の連休は、いかがでしたか?
たくさんの楽しい思い出ができたでしょうか。

え、お父さんだけ仕事してた?だって、締切があったんだもの…

そんなIT業界に携わるお父さん方に朗報です。

なかなか普段休みがとれない、家族サービスできないKoozytメンバーの2家族(ihaman家とshiokuma家)が、この春サンリオピューロランドにオープンした新アトラクション 「My Melody in Akazukin ~マイメロディの不思議な大冒険~」を家族で体験しにいってきました。

以下、その体験レポートをお届けします。

まずは、ihaman家。

ihaman家には、この4月から小学1年生の女の子。はじめてのピューロランドにわくわく。

これが、マイメロお財布型のICタグだよ。

さっそくゲームに挑戦。簡単簡単。

その調子で、次は、「お菓子の家」ゲームに挑戦だ!

「パパ…難しい…」 (手を認識させるのに一苦労している様子)

(「Kinect使ったアトラクションは、大人も子供も、うまく認識させるような誘導を工夫しないとな…」 心に誓う ihamanパパであった。この経験を生かして、改善していきます!)

そして、結果発表!(ゲームで得たポイントをICタグに貯めて、最後にポイントに応じて、おばぁちゃんへプレゼントを買う流れになってます)

「なんだい、もっといいものはなかったのかい?」(おばぁちゃん)

「…」(女子)

(え!?…. おばあちゃん、私があげたプレゼントに、イラッとしてるみたい…なんで怒られるの?)

こんなシュールな終わり方ありですか?いやいやありなんです。もっとこわいバッドエンドもあるんですよ。

ぜひもう1回挑戦してみてください。

最高のプレゼントを渡せたら、こんな笑顔のおばぁちゃんが待ってますよ。次回がんばって。

「こんな嬉しいことは久しぶり!ありがとうマイメロディ」(おばぁちゃん)

一方のshiokuma家には、マイメロ大好きな今年3歳になる女の子。

アトラクションエリアに入ると、大好きなマイメロたちがお出迎えで、親子ともども、テンションMAX! 大はしゃぎ。

3歳の女子には、「ぴったり靴さがし」ゲームがちょうどよいかな。

「これなら、私にもできるわ」大正解~!

子供のことを忘れて、親たちもゲームに夢中になっていたとか。

確かに、shiokumaパパ、「りんご集め」ゲームにはまっている様子ですね。

「パパ、このお財布持って帰りたい~!」
女の子は、終始マイメロお財布タグに興味津々のご様子だったとか。
さて、いかがでしたか?

アトラクションエリア内は、入場数を管理していますので、小さい子供たちも、安心して、余裕をもって遊べますよ。

今回のihaman家とshiokuma家の2家族からは、

「家族の絆が深まりました!」

「ありがとう、マイメロ!ありがとう、ピューロランド!」

とうれしいコメントが続々届いています。

当社調べにより、家族の絆が深まった2家族の事例といえましょう。

ということで、

ICタグやKinectに興味あるIT詳しいお父さん方、

お休みとって、家族でサンリオピューロランドへGo!
家族で楽しんでいただけばと思います。

(by koo)

【参考情報】
■「 My Melody in Akazukin」特設サイト
■「My Melody in Akazukin」webキャンペーン!(6月30日まで)
■ 3/20 第1回 ブロガー招待デー(先行体験会)の様子(「子ナビ」さんのまとめブログ
■ 4/13に第2回ブロガー招待デーの様子(「ちわわのまま」さんのまとめブログ
■ Koozytプレスリリースは、こちら