1/10 VAIO type P ブロガーイベント@ソニービル

1/10 に VAIO type P 体験イベント@銀座ソニービル8Fが開催されました。私は、type P に PlaceEngine技術を提供している関係で、このイベント中のトークセッションにお招きいただき、参加してきました。

VAIO type P に関しては、さまざまなエントリがあがっているのですでにご存じの方も多いかと思います。体験イベント自身は、同日2回行われ、1回目は、AMNブロガーの方々、2回目は、みんぽすモノフェローズの方々が参加されたとお聞きしました。

さて、私が参加したトークセッションも、2回行われ、1回目は、AMN徳力さん進行のトークショー形式、2回目は、WillVii塚崎さん進行のディスカッション形式で進められました。参加された方々の体験ブログは、AMNパートナーブロガーのブログエントリー(AMNブログオンブログ広告「VAIO type P 体験会」としても配信されている様子)やみんぽすさんのトラックバックセンターをご参考に!

いずれも、type P のプロジェクトマネージャーである愛称”すずいち”さんと共演いたしました。すずいちさんとは、旧知の仲ですが、私がVAIO事業部に在籍していた当時は、一番大きいVAIOノートを担当されていたのでも有名だったのですが、いまや一番小さいVAIO、お尻ポッケの type P を担当されているとは!個人的にも、昼休み等で最先端の高密度実装技術やパソコン業界のトレンドについてレクチャーいただきました。感謝!

左上のインターフェイス基板が、すずいちさんらプロジェクトメンバーの汗と涙のこだわり実装部品、とにかく狭い面積に詰め込むだけ詰め込んだ、通称「おやじの書斎」だそうです。

イベント開始前、整然と並べられたtype P デザインモック類。片手でがしっと持ち出せる、そのための奥行き幅を追及、実現しました!とのこと。

さて、type P に搭載されているPlaceEngine技術については、あらためてエントリーするとして、このイベントでは、夜の懇親会含め、参加されたブロガーの方々と直接お話しすることができ、私自身とても楽しい時間とそして貴重な体験をさせていただきました。というのも、PlaceEngine関連の位置情報技術に限らず、私自身が、元VAIO C1の開発者でもあったことから、常に小型パソコンを持ち歩く実際のユーザーの方々(特に、ブロガーイベントということもあり、昔VAIO C1ユーザーだった方々が非常に多く、また現役で稼働されていて持ってきてくれていた方も!)からのフィードバックはとても励みになりました。(ex. 「C1は名機(迷機?)だったね~」「C2GPSも知ってますよ!あったあった」「Crusoe遅かったね~」「C1カメラで撮った子どもとの思い出写真がいっぱいありますよ!」…などなど)

当日外はとても寒い日だったのですが、今後の励みになるような様々なフィードバックを当時一緒に仕事をしていたVAIO C1チームメンバーとも共有したいな!という思いで、心はほっこり温かい感じで、感慨深く帰途につきました。

参加された方々、意見交換させていただいた皆様にたいへん感謝いたします。イベント主催、関係者の方々、AMN,WillViiの方々おつかれさまでした。参加させていただきありがとうございました!

手に持っている物体は、type P ではありません。わが子、初代VAIO C1の筐体です。(上記の写真はまわりぶろぐさんにいただきました。どうもです!)

(by Taka Sueyoshi)