7/10 映画「恐怖」の初日舞台挨拶に行ってきました

7/10 映画「恐怖」の初日舞台挨拶がテアトル新宿で行われました。

映画「恐怖」は、映画「リング」などの脚本を手掛けた高橋洋監督と映画「リング」「呪怨」などのプロデュースを務めた一瀬隆重プロデューサが組んだ「Jホラーシアター」の最新作。

その舞台挨拶に、Koozytも関係者として同行させてもらいました。なぜ、Koozytが?というと、映画「恐怖」の公開記念キャンペーン「恐怖のおみくじ」に、KoozytのARマーケティングサービス「GnG」が利用されているという関係なのです。(プレスリリース参照)

当日は、来場者の方へ「恐怖のおみくじ」に関するチラシが配布されるとともに、劇場入り口にてARマーカー(GnG CyberCode)も掲載されています。

「恐怖のおみくじ」を体験する高橋洋監督

舞台挨拶には、出演者の藤井美菜さん、片平なぎささん、高橋洋監督が登場しました。

(左から)片平なぎささん、藤井美菜さん、高橋洋監督

高橋監督のコメントをいくつかひろってみると:

「難解なのでお客さんが来るか心配してましたが…」

「幽霊が怖いというのでない別の可能性を探りたい。」

脳がテーマということもあって、難解で怖そう!?

「(片平さんの)…あの義手のポーズは、やらないと決めてたのですが、手術のシーンで、同じシーン(片平さんが手のひらを胸に向ける)があり、『しまった!』…オマージュになってしまいました。(笑)」

片平なぎささんといえば、「スチュワーデス物語」(古い!?)ということで、舞台挨拶では、高橋監督も片平さんも「スチュワーデス物語」での片平さんの役どころ「真理子」ネタでやりとり。これは世代的に分かりました!

そして、最後に「恐怖のおみくじ」についてもコメントいただきました。

「(「恐怖のおみくじ」について)…片平さんが襲ってくるんですが、これって気に入らなかったら何回やってもいいんですね。でも僕は何度やっても、全部「恐」でした。毎回「怖」が出るように仕組まれているの?(笑)」

文字だけでは、さっぱり伝わってこないかと思いますが、「恐怖のおみくじ」も怖いですよ~。

iPhoneユーザーは、GnG(GET andGO)をダウンロードして、映画「恐怖」の上映劇場までぜひ足をお運びください!

iPhoneアプリ「GnG(GET and GO)」のダウンロードは、こちら