東京国立博物館 位置連動型ガイド「とーはくなび」を出展した「グットデザインエキスポ2011」リポート☆

こんにちは、広報見習いのSoramiです。
8/26~28まで東京ビッグサイトで開催された「グッドデザインエキスポ2011」に東京国立博物館 位置連動型ガイド「とーはくナビ」を出展してきました。今回は、現地に見学できなかった方の為にその時の様子をリポートします☆

週末ということもあり家族連れやカップル、お友達同士などで混み合ってました。
会場の空間には14,000球のLEDが輝く「GOOD GLOBE」。これは家庭用ルームエアコンと変わらない電力で輝きを保っているとか・・・すごいキレイっ!

UNIT13の“ソフトウェアのデザイン”へ出展した、東京国立博物館 位置連動型ガイド「とーはくナビ」

じっと展示ブースを見守っていると…熱心にパネルを読んでくれたり、写真を撮ってくれている方々もいました。うれしいですっ☆

「とーはくナビ」の出展デザイン情報URLは、下記になります。(9/1まで公開)
http://www.g-mark.org/nominate/detail.html?entryNo=G1335088

※ 『とーはくナビ』は来館者の現在位置情報に連動した自動再生型コースガイドです。東京国立博物館の総合文化展を鑑賞するために6つのコースを収録して おり、各コースに沿って歩くだけで建物や展示室に応じた概要説明や、各展示室のお勧め作品が音声や写真、動画、およびインタラクティブなコンテンツの組み 合わせを通して提供されます。現在地推定にはPlaceEngine*を使用、また、頻繁に行われる展示替えに対応したコンテンツマネジメントシステム (CMS)により週替わりにお勧め作品を更新できる仕組みになっています。(*周囲の無線LAN電波を用いて現在位置を取得する技術。2009年度グッド デザイン賞受賞)

デザインなどに興味があったり、新製品や流行に敏感な方々、いままで「とーはくナビ」に触れる機会がなかった色々な年齢層やジャンルの方々に見ていただけたのは嬉しいですね♪

久しぶりに行った「グットデザインエキスポ」でしたが、全部でUNIT1~15まで色々なジャンルがあって興味深いものがかなり多く、足の疲れも忘れるほど?(笑)楽しめました。
今年のグットデザイン賞のテーマ「豊かさ」と「適正さ」でしたが、特に「適正さ」は今後もしっかり考えていかなければならないテーマですね☆
(by Sorami)