震災支援プログラムのご報告

2011年4月11日に、震災支援を目的としたプログラム“the seeds of hope and the stones of hope“を実施しました。[プレスリリース][ブログ]

(1) 相田みつをの言葉「うばい合えば足らぬ わけ合えばあまる」をモチーフにしたiPhoneアプリ、『わけ合えば』の無償公開
(2) iPhoneアプリ『大江戸妖怪集の売上寄付(4/11-9/30まで)
(3) JustGivingプラットフォームを利用した震災支援チャリティ


この取り組みの中で(2)(3)についてご報告します。

iPhoneアプリ「大江戸妖怪集」(Ver.1.0.5 大鯰(おおなまず)」追加版)の9/30までのトータル売上(26,981円)を震災支援の義援金として日本赤十字社に寄付いたしました。また、Koozytの震災支援チャリティにて集まった額 (134,000円, 11/30現在)は、JustGivingチャリティプラットフォームを通じて、支援先であるCIVIC FORCEに引き渡されました。

Koozytの震災支援の取り組みに、ご賛同、ご協力いただいた皆さま、たいへんありがとうございました。

震災以降も様々な不安や混乱が発生している現代社会において、「希望の種(the seeds of hope)」や「希望の石(the stones of hope)」が、我々の社会の復興と未来への進化につながっていくことを心より願っています。

震災支援チャリティは、引き続き継続しておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

クウジット株式会社
代表取締役社長 末吉隆彦
2011.11.30

コメント