ATOMI: クウジットでのインターン研修を終えての感想

  • “みつかん”チーム: “ユニクロ”, “きんにく”, “ねとちゅ”
  • “西武ライオンズ”チーム: “とくさつ”, “しらたま”, “ほふく”

■ “ユニクロ”感想:
今まで、10日間という短い間でしたが、今日のために頑張ってきた成果が出せた最終発表だったと思います。
最初は、どのように企画案をあみ出していったらいいのかが分からない状態でしたが、仲間と協力することでのアイデアの膨らまし方や、自分の得意分野(考え方)を知る事、また、それを知ることで、自分と他人の考え方に違いが生じた時、素直に受け入れ、みんなが納得するような改善策を出すことなど、チームで目 標に向かっていく際、重要だと感じることを多く教えて頂きました。
それらは、いつも個別で授業を選択し動いている日常の大学生活では学べないことで、このクウジット株式会社で【Atomi GnG企画プロジェクト】に参加させていただいたからこそ、学べたものだと思っています。アイデアをうむところからプレゼンまで、実際に私達チームの力で 出来るよう支えていただきながら、マネジメントという面で、セルフコントロールの重要さをも学びました。自分自身で課題を設定し、仲間同士でシャアするこ とでチームとしての向上心も、自分自身の向上心もあがりました。
最初は、小さな豆粒のようだったアイデアが、仲間と協力しあうことで、日に日に、ひとつの形になっていき、漠然と想像していたものが、どんどん具体的になっていくのが毎日の楽しみでした。実際に、ARで自分の腕にブレスレットが重なったときは、感動しました。今回、クウジット株式会社にインターンシップをさせてもらう事が決まり、初めて【GnG】の存在を知ったのですが、何でこんなすごい技術があるのを知らな かったんだろう、と驚きました。私の周りにはGnGアプリをダウンロードしてる子はいなかったので、GnGに詳しくなったのをきっかけに、周りに広めて いって、もっとGnGの需要が増えるようにしたいです。

■ “きんにく”感想:
今日はインターンシップ最終日でした。初めは自身が苦手だったアイディアを出す方法を教えていただいたことでそれからの作業がスムーズにできました。何も なかった状態からコンセプトやシナリオ作りをしていくなかで楽しさが出てきた反面次々と解決しなければならない課題が出てきたので苦労をしました。ですが その苦労をチームの皆やクウジットの方々によって解決してきました。今回のこの企画は絶対に1人では出来ない周りの協力があったからこそできたものだと思 いました。また企画が出来上がって発表するにあたって相手に伝える大事さを学びました。自分たちで考えてきた企画をどう売り込めばアピールできるのかと思うととても難関でした。最後はチームで話し合って確認しあうことで自信を持つことができました。
最終発表では自分たちで約10日間やってきたことが形になって 終わった時には達成感がありました。このチームでやってこれて本当に良かったなと感じました。とても多くのことを学び経験し感じた内容の濃い充実した期間でした。

■ “ねとちゅ”感想:
長いようで短かったこの10日間。正直、まだまだやりたいです。
やり残していることも、やりたかったことも多くあります。
いろいろなことを学び、わずかながらスキルアップもできたように感じます。
インターンシップの間に、
スキル・ディメンションで自分のスキルを理解できました。
アイディアの出し方を知りました。
チームワークの大事さを感じました。
課題管理でスムーズで明確な作業を行えました。
企業でのプレゼンの仕方を学びました。
作業環境の大事さを感じました。
確実にMacの操作が早くなりました。
大雑把にまとめてもこれほどのことが享受できたと思うと、
かけがえのないすばらしい体験だったと改めて感じます。
また、社内の雰囲気があまりピリピリしていなかったり、みなさん気さくな方だったりで、
リラックスして作業ができ、効率良くできたと思います。
本当にいろいろなことがありました。アクシデントはたくさんあったし、台風まで来ました。
前半はあんなに暑かったのに今日は寒いです。
それでも最終発表の準備がギリギリ間に合ってなんとかなったのはチームのメンバーと、クウジットの社員さんのおかげです。
10日間、お世話になりました。本当にありがとうございました。


■ “とくさつ”感想:
無事…でもないですが最終発表まで持ってくることが出来、一安心しました。私たちライオンズチームは初期の段階から何度もつまずき構成を練り直してきたので間に合わない思っていましたが、中間発表よりわかりやすくなったという言葉を頂き、とてもうれしかったです。私のインターンシップの目標は「自分に足りないものを明確にし、それを在学中に克服する」でした。クウジットに来て基本的な社会知識やパソコンスキル、積極性のなさなど、自分に足りないものがたくさん見つかり、社会に出るまでの目標がたくさん出来ました。また、インターンの目標は苦手な部分を見つけるでしたが、インターンを行うなかで見つけたことや得られたこともたくさんありました。私はサークルや部活動をしていないので日頃から複数の友人と共同で作業をすることがなく、今回のグループワークに不安を感じていました。しかしチームで分 担して作業をし相談しながら企画を進めていくと、自分では思いつかないようなアイディアが出たり、苦手な分野を負担してもらったり、一人では無理でもみん なでやれば解決することが多々ありました。日々グループで働くことの素晴らしさを実感し、初日の不安はすぐに吹き飛んでしまいました。インターン中社員のみなさまには何度もご迷惑をおかけしましたが、クウジットにインターンシップに来ることができ、本当に良かったと思っています。十日間ありがとうございました。

■ “しらたま”感想:
初めてのインターンシップで緊張している私たちに、優しく丁寧に説明や注意をしてくださり、雰囲気がとても良い職場だと感じました。私たちのチームは企画 を考えるにあたって、自分たちの視点で物事を進めていく中で何回も壁にぶつかり、企画開発の大変さを身をもって感じました。そんな中でも、課題を設定し て、一つ一つ完了させていくという作業が積み重なるたびに企画内容に自信をもてるようになりました。そして、クウジットの皆さんにたくさん助けていただき ながら、無事企画プレゼンを終了させることができて良かったです。9日間という短い期間ですが、アルバイトとは違った社会経験が出来たということは私に とってとても有意義な時間を過ごせました。特になゃかむさんには、今回の実習で様々なことを教えていただき、すごく勉強になりました!

■ “ほふく”感想:
今回インターンに参加させていただいて、9日間という短い期間のなかで企画から始まり、実際に実地調査もして、アンケートをとったりと、短い期間ながらも 中身の詰まったインターンだったと感じた。インターンに行く前はもっとパソコンのスキルを問われるかと思っていたのだが、実際は発表に必要な基本的なパソ コンスキルで、何が自分にできてできないのかを判断し役割をきめ自ら進んで行動することが求められた。この期間を通して自分の足りない部分も見つけること ができたし、また自分の得意とすることも見え、とても価値のあるインターンだったと感じた。インターン最終日の発表では、中間発表でいただいたアドバイス や、末吉さんなゃかむさんのアドバイスを参考に一生懸命チーム全体でまとめ、まだまだ完璧なものではなかったかもしれないが、自分の中ではとても満足いく ものに出来上がったと感じた。今回のインターンで見いだした自分の得意とするところ、苦手とするところをこれから改善しインターンで得たことを生かしてこれから頑張っていきたいと感じた。