G空間EXPO2014にて、弊社取締役CTO塩野崎がシンポジウムに登壇!

「地理空間情報科学で未来をつくる」をスローガンに、今年もお台場科学未来館にて「G空間EXPO 2014」が開催されます。そのシンポジウムで弊社取締役CTOの塩野崎敦が登壇する予定です。

G-kukan-expo2014
開催期間 : 2014年11月13日(木)~15日(土)
http://www.g-expo.jp/

—————

スマートフォンが一般ユーザや企業に広まっていく中、ユーザの現在地に応じたサービスやアプリが数多く登場しています。そんな中、”Beacon”を活用したユーザシナリオやビジネスシーンの事例が具体化されつつあり、実用フェーズに入っています。

Beaconを活用した弊社開発アプリ「トーハクなび」を含め、国内や海外におけるBeaconを活用した具体事例や、他の技術と合わせたハイブリッド測位に向けた今後の技術発展を、弊社取締役CTOの塩野崎敦が熱く語ります!!

登壇予定シンポジウム

  • タイトル : 「Beacon活用の最新ビジネス事例とこれから。」~国内・海外の最先端事例に学ぶ~
  • 開催日時 : 11月14日(金) 11:30~13:15
  • 会場 : 未来館ホール
  • URL : http://www.g-expo.jp/program/program.html#11

塩野崎敦 略歴
1995年 慶應義塾大学大学院 理工学研究科 計算機科学専攻後期 博士課程修了。博士(工学)。同年、ソニーコンピュータサイエンス研究所(CSL)に入社、インターネットプロトコル関連の研究に従事。2000~2004年にSony Electronics Inc. サンノゼに赴任、スタンフォードネットワークリサーチセンター特別研究員として産学連携の仕事に携わる。2004年より再びCSL、インタラクションラボラトリー勤務。PlaceEngineサービス(無線LAN測位プラットフォーム)の立ち上げと研究・商品開発を行う。2007年7月にクウジットを設立、取締役CTO就任。位置情報サービス研究機構 Lisra理事でもある。熱い漢(おとこ)でもある。体はデカいが、態度もデカい。そんな荒ぶる魂を持つDr.shioが測位技術の明日を作ります。

ご参考

おまけ ■

  • 若かりし頃の塩野崎敦 (左は弊社代表の末吉隆彦)
    p_0809c