7/30 SPORTEC2015にて「エブリスポ!」特別セミナーが開催されます

日本最大級のスポーツ・健康産業総合展示会である「SPORTEC 2015」(7/28(火)-7/30(木) 東京ビックサイト)が開催されます。

本イベント内のセミナーN-8「地域資源×スポーツ&民間ノウハウ⇒健康↑・・・本当に成功している自治体の健康支援事業と仕掛け方」において、ISIDイノラボが主催する「エブリスポ!」特別セミナーが開催されます。(7/30 13:00-14:20 N-8 N会場 無料)

SPORTEC2015登壇者バナー

SPORTEC2015入場は、事前登録で無料になります。(当日入場料2,000円)事前登録は、SPORTEC公式サイトより。

ぜひこの機会にふるってご参加ください!

※ SPORTEC2015公式サイトのセミナー申し込みページ(「N-8」や「エブリスポ」でキーワード検索ください)から申し込んでください。

エブリスポ!」は、スポーツとテクノロジーを掛け合わせ、日々の何気ない運動を計測・ポイント化することで、運動への気づき・意識向上をはかるプログラムです。参加者はチームに分かれてポイントを競い合ったり、与えられたミッションをクリアしながら、自然に運動を始め、継続することができます。2015年3月に東京都品川区大崎で、その実証実験イベントが開催されました。


everyspo-logo

本セッションでは、「エブリスポ!」主催のISIDイノラボ チーフプロデューサである森田浩史氏、慶大SDM准教授でスポーツデザイン・マネジメントラボ代表の神武直彦氏、およびスポーツクラブNAS スポーツ健康医科学研究室 室長の後藤真二氏らが登壇し、「エブリスポ!」プログラムの取組みや今後の展望、スポーツxITが築く未来について語りあいます。Koozyt代表の末吉は、「エブリスポ!」実証実験の企画・開発支援を担当しており、本セッションでファシリテーションをつとめます。


セミナー【地域資源×スポーツ&民間ノウハウ⇒健康↑・・・本当に成功している自治体の健康支援事業と仕掛け方】

【第1部】
会場 N-8 (N会場)
開催日 2015/07/30(木)
時間 13:00 ~ 14:20
受講料  無料

身体も街も元気にする「エブリスポ!」スポーツxITの生み出す未来 エブリスポ!は、日々の運動をウェアラブルデバイスなどを活用して計測・ポイント化し、 チームでポイント数を競う運動会のようにすることで、運動への意識向上を図るプログラム。 さらにデジタルサイネージなどを使って人々と地域・企業つなぐ仕組みを目指しています。 2015年3月に品川区で開催したこの参加型実証実験の結果と、今後の展望やスポーツxITが築く未来について、有識者と共にトークセッションを行います。

講師:


(株)電通国際情報サービス オープンイノベーション研究所 部長兼2020テクノロジー&ビジネス開発室 チーフプロデューサー 森田浩史 氏

世界初のソーシャルシティプラットフォームを導入したグランフロント大阪の街づくりやフランスバルドワーズ市との訪日観光実験、東京大学暦本教授と進める未来のスポーツ、立命館守山中高とのアダプティブラーニング実験などイノラボが手がける街づくり、観光、スポーツ、教育のプロジェクトを統括。昨年訪れたポートランドの街づくりに感化され現在勉強中。趣味は自転車のポタリング。

慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 准教授 神武直彦 氏

慶應義塾大学大学院理工学研究科修了後、宇宙開発事業団入社。H-IIAロケット搭載機器の研究開発とロケット打上げに従事。欧州宇宙機関 (ESA)訪問研究員を経て、宇宙航空研究開発機構主任開発員。2009年度より慶應義塾大学准教授。大規模・複雑システムのデザインとマネジメントに関する研究と教育に従事。アジア工科大学客員准教授。慶應義塾大学SDM研究所スポーツデザイン・マネジメントラボ代表。総務省「2020年に向けた社会全体のICT化推進に関する懇談会幹事会」スポーツ×ICTワーキンググループ構成員。博士(政策・メディア)。

NAS-goto-san
スポーツクラブNAS株式会社 スポーツ健康医科学研究室 室長

筑波大学大学院博士課程体育科学研究科修了。
大学教員を経て、2008年より現職。「ココロ、ウゴカセ」の経営理念に基づき、単なる運動の場ではない、子供から高齢者まで、誰もが楽しんでいるうちに健康になれるクラブづくりを目指し、安全かつ効果的で楽しいプログラムづくりとともに、健康セミナーや情報誌等で身体を動かす楽しさを発信している。

ファシリテータ:

クウジット(株) 代表取締役社長 兼 空実プロデューサー 末吉隆彦

1992年ソニー入社。ソフトウェアプロジェクトリーダーとして、VAIO C1などの
ノートパソコン商品化に尽力。2005年よりソニーコンピュータサイエンス研究所
へ。2007年、「PlaceEngine」のサービス立ち上げと企画運営を開始し、同年7
月、クウジット株式会社を設立、代表 取締役社長就任。2015年3月に東京都品川
区大崎で開催した「エブリスポ!」実証実験の企画・開発支援を担当。

(ご参考)
【第2部】14:25~14:55
「三郷市シルバー元気塾成功の秘訣」
「税金が投じられる廃校の維持管理から、人が集まり自治体を潤すスポーツ施設と防災拠点へ」
「中之条研究に基づく健康長寿施策の提案 ~奈良県、横浜市の事例に学ぶ~」
「自治体・大学・企業が協働で取り組む複合型の健康支援のご紹介-沖縄の健康・長寿復活に向けた新たな健康づくり・地域コミュニティづくりのかたち-」

※詳細は、SPOTEC公式サイト「セミナーのご案内」をご参照ください。


「エブリスポ!」コンセプトビデオ: