クウジット、エスケープハント東京(主催)、向源実行委員会とともに、お寺で脱出ゲーム(@浅草・緑泉寺)を開催します!

クウジットは、エスケープハント東京(主催)および、向源実行委員会とともに、2016年10月3日(月)~10月7日(金)の期間、緑泉寺(東京・西浅草)にて脱出ゲームを共催します。


■ エスケープハント東京1周年記念企画『脱出ゲーム@緑泉寺(仮題)』

  • 開催期間: 2016年10月3日(月)~10月7日(金)
  • 会場: 緑泉寺(台東区西浅草1-8-5)
  • 主催: エスケープハントジャパン株式会社(代表取締役:山田 敦子)
  • 共催: 向源実行委員会(代表: 友光 雅臣)、クウジット株式会社(代表取締役社長:末吉 隆彦)
  • 協力: 青江 覚峰(浄土真宗東本願寺派緑泉寺住職)、守 祐順(真言宗豊山派能蔵院住職)、株式会社ビオトープ(代表取締役:畑谷 芳樹)

緑泉寺イメージ

イベント詳細は、エスケープハント東京からの続報をお待ちください!

※ エスケープハントジャパンからのプレスリリースは、こちら

<主催>
エスケープハントジャパン株式会社
部屋に隠された手がかりを探し、 謎を解いて、 制限時間60分以内に部屋から脱出するゲームです。
好きな物語を選んで、 最低人数2人から5人までが一度に1部屋に入りゲームをスタート。 制限時間内に脱出できるかを競うゲームです。定期的に部屋が変わります。
制限時間は60分、 途中ヒントを与えてもらうこともできますが、 そのたびに持ち時間(1分づつ)減少されてしまいます。 物語を演出する室内の装飾は細部にも拘り、 「サムライ」の部屋には、 本物の甲冑など数々のアンティークも使われています。 ゲームに入る前には、 お客様専属のゲームマスターがストーリーを説明し、 参加者を物語の世界にいざない、 エンターテインメント性も十分兼ね備えています。

<共催>
向源
寺社フェス向源とは、宗派や宗教を超えて、神道や仏教などを含めたさまざまな日本の伝統文化を体験できるイベント。今に伝わる多様な文化の根底にある本質に触れてもらうことを目的とし、2011年から6回開催しております。昨年は江戸時代5街道の出発点だった日本橋を中心に100コマ以上の体験型ワークショップや公演などを開催いたしました。
http://www.kohgen.org/

クウジット株式会社
ソニーコンピュータサイエンス研究所のメンバーが中心となり、[空]と[実]をつ なぐ技術で社会に貢献することを理念に、2007年に設立されました。2011年には、電通国際情報サービスと資本業務提携し、現在、街づくり×ICT領域 (位置・ 空間情報、スポーツ・健康づくり、笑顔・ハピネスの促進)におけるPoC(Proof of Concept)、そして社会実装に向けた研究開発に取り組んでいます。また、 2015年より「ハピネスカウンター for 街づくり」として、慶応SDMの前野隆司教授(幸福学)と保井俊之特別招聘教授(地域経済、地域イノベーション)らと ICTを活用した笑顔促進の街づくりや、人を幸せにするおカネ(エミーとゼニー 経済圏)に関して共同研究を行っています。
http://www.koozyt.com/

<監修>
青江 覚峰
浄土真宗東本願寺派緑泉寺住職。料理僧として料理、食育に取り組み、日本初お寺のブラインドレストラン「暗闇ごはん」を開催。寺社フェス向源副代表を務め、超宗派の僧侶によるインターネット寺院「彼岸寺」の創設にも携わった。『お寺ごはん』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『ほとけごはん』(中公新書ラクレ)など著作は多数。 現在読売新聞「おいしい」連載中。

守 祐順
真言宗豊山派能蔵院住職。仏教関連文章の執筆、校正などを手掛け、寺社フェス向源においても一部の編集を担当。『十三仏の世界』(ノンブル社)、『釈迦信仰の世界』(ノンブル社)等に共同執筆者のひとりとして執筆。

<デザイン協力>
株式会社ビオトープ